2017じゃんだらにぃ with あ~と de い~ら

  • 日時:平成29年6月24日(土) 13:30~16:20予定(開場13:00)
  • 場所:なゆた・浜北3F なゆたホール
    浜松市浜北区貴布祢3000 地図
    TEL:(053)586-6200
  • 対象:一般市民・当事者とその家族・精神保健医療福祉関係者
  • 参加費:無料
第1部 13:30~15:00
当事者体験談(3名の当事者の方にお話しを頂きます。)
第2部 15:30~16:20
意見交換等(発表者毎に分かれて小規模でディスカッションにご参加頂けます。)
同時開催 12:30~16:15
あ~と de い~ら
場所:第1練習室(当事者の方々が造った絵画、創作物などを展示する作品展です。)

2017じゃんだらにぃチラシ(pdf)を見る

じゃんだらにぃとは?

2009年度から始まった取り組みで、精神科利用者が自身の病気の体験や回復までの過程などを、自身の歴史や苦労、楽しみや夢も交えながら語る会です。年1回開催されます。

E-JANと共に、当事者や地域の様々な関係機関・事業所の人達(メンタルクリニックダダ、ぴあクリニック、だんだん、ライム、聖隷クリストファー大学など)が集まって実行委員会を運営しています。

じゃんだらにぃの様子

じゃんだらにぃ

第1部では例年、当事者数名が、支援スタッフとの掛け合いで体験発表をしています。発表者も様々で、時には笑いあり涙ありの、とても内容の濃い時間になっています。

第2部では、発表者毎に分かれて小規模での意見交換会にご参加頂けます。発表に至るまでの経緯や参加者の感想など、たくさんの意見や質問が飛び交います。

じゃんだらにぃ

地域の事業所には、物販でも参加していただいています。毎年自慢の逸品を持ち込んでいただき、どれを買おうか迷ってしまうほど。

じゃんだらにぃ

また2015年度からは、『あ~と de い~ら』という作品展を同時開催しています。当事者の方々が描いた絵画、創作物などが展示され、自己表現の場となっています。

参加者の感想

参加者へのアンケートから、一部をご紹介します。

  • ご本人自身の言葉で語って下さっていたことがよかった。
  • 色々大変なことがあり、でも今は目標を持って生活されていることに力強さを感じた。
  • 皆さん共通していることは、一人で抱えずに人とのふれあいを求め、その中から自分の人生を楽しみながら生きている。大切なことだと思った。
  • 【物販】いつもは手に入らない食品をここで買うことができ、毎年楽しみ。
  • 【物販】販売しているメンバーも楽しそうに売っていた。
  • 【作品展】作品を出した人のことをもっと知りたいと思った。
  • 【作品展】静かに鑑賞できて、心が洗われた。

じゃんだらにぃ実行委員会事務局 加藤

  • Tel.(ひきこもりサポートセンターこだま)