浜松市ひきこもり地域支援センターとは

  • 平成21年7月1日開設
  • 精神保健福祉センターとNPO法人遠州精神保健福祉をすすめる市民の会(以下E-JAN)の官民協働のセンター
  • 精神保健福祉センターでは、主に一次相談として家族及び当事者の面接相談および、教育研修として家族教室や支援者研修を実施。
  • E-JANは、ひきこもりサポートセンターこだまとして、訪問支援及び居場所支援、啓発事業を中心に実施。

浜松市のひきこもり支援体制

浜松市のひきこもり支援体制
訪問支援

訪問支援

精神保健福祉センターで行っている一次相談のうち、訪問支援が適当と判断された場合に訪問を行っています。 ひきこもりについての最初のご相談は、精神保健福祉センターへ。

支援内容
  • 自宅への訪問(家族のみの場合もある)
  • 外出への同行、食事や趣味に付き合うなどの余暇支援
居場所支援

居場所支援

外出はできるようになったけど人とコミュニケーションは苦手、 日常生活のリズムを整えたい、外出先がないと再びひきこもってしまう、 などの課題を抱えている方に対して、将来の就労や就学に向けた準備の場を提供します。

こだまブログを見る

訪問支援

社会体験事業

経験不足を補うための、様々な社会体験事業

社会体験にご協力いただいている企業
  • カート浜名湖様 (HP)
  • はままつフラワーパーク様 (HP)
  • ネットリサイクルショップせいぶぽいんと様 (HP)

こだまブログを見る

居場所支援の利用までの流れ

原則、主となる支援機関からの紹介による利用です。 かかりつけの医療機関や相談機関等がある方は相談員へ、ない方は 精神保健福祉センター(電話053‐457‐2709)にご相談ください。

相談・見学

相談

体験

体験

登録

登録

ひきこもりサポートセンターこだま

  • 〔受付時間〕9:00~18:00
    〔休日〕土、日、祝日、年末年始
  • 〔面接時間〕10:00~17:00
  • Tel.
  • Fax.053-453-8745
  • 〒430-0929 浜松市中区中央1丁目13-3 ウィスティリアE-one 3F 浜松市若者コミュニティプラザ内
    GoogleMaps
  • ホームページ  http://npo-e-jan.com/kodama/